老眼の症状に悩んだら【老眼の症状を予防する方法】

視力低下と間違えやすい

メガネ

眼科で検査を受けよう

最近は老眼発症の年齢が低年齢化してきているので、40代になる前から老眼の症状チェックをしておいた方がいいかもしれません。何となく初期症状を感じたら、すぐにでも眼科を受診して検査を受けてみましょう。そうすれば、老眼かどうか簡単に分かります。老眼の初期症状は視力低下と似ているので、人によっては老眼だと気づかないこともあるかもしれません。例えば、目が霞んだり、ぼやけて見えたりすることがあります。これくらいなら目が疲れているのかなと思う人もいることでしょう。それほど気にしない人も多いはずです。ところが、この症状が毎日のように続きやすくなります。さすがにこうなってくると単なる疲れでは済まされません。それに、よくチェックしてみると、常にこのような症状が出るわけではないことに気づきます。例えば、老眼の場合は近くのものが見えにくくなってしまうのです。これまではメガネをかけなくても新聞を読めていたのが、急に読めなくなってしまうことがあります。こんなに近づいているのに字が霞んだりぼやけたりするのです。このような人が老眼鏡をかけると、くっきり字が読めることがあります。これは明らかに老眼が進んできたということになるでしょう。一方、近眼の人でも老眼になることはあるので注意が必要です。近眼の人は近眼用のメガネを外さないと新聞の字が見えにくくなることがあります。今までと逆の行動を取ればいいのです。このような症状が出始めたら老眼鏡を用意しましょう。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩んだら【老眼の症状を予防する方法】 All Rights Reserved.