老眼の症状に悩んだら【老眼の症状を予防する方法】

中年女性

うまく対応して付き合う

40歳前後になると、老眼になる人が多くなりますが、これは水晶体が硬くなること、その周辺の筋肉の働きが衰えることによるものです。症状が出始めた場合は老眼鏡の利用がおすすめで、トレーニング方法もインターネットの口コミ等で紹介されています。

詳しく見る

メガネ

視力低下と間違えやすい

老眼の初期症状は視力低下に似ているので、気づかないことがあります。目が霞んだりぼやけたりするのです。しかし、今までとは明らかに違うこともあります。それは新聞を読む時にこのような症状が出ることです。すぐに眼科で検査を受けましょう。

詳しく見る

中年女性

目が見えにくい場合は

老眼の症状が現れる年齢には個人差があります。統計的には、40代を過ぎた頃から老眼の症状を感じると言われています。老眼を放置すると、日常生活でも不便な出来事が多くなるため注意が必要です。普段から目を大切にする習慣を身につけましょう。

詳しく見る

眼

メガネで生活を変えよう

以前は、老眼と言うと年をとった人だけがなる症状でしたが、最近ではスマホによって若い人でも老眼になる人もいるようです。この老眼の症状の改善には、おしゃれなものも多く登場しているメガネをかけて改善させることをおすすめします。

詳しく見る

笑顔の女性

40歳以上は目に注意

40歳以上になったら誰もが老化によって老眼が始まります。近くあるいは遠くを見る時にピントが合うのが遅くなったという症状などは、老眼の典型的な初期症状です。老眼は無理をせずしっかり矯正しないと、眼精疲労の原因になるので注意が必要です。

詳しく見る

視力が気になる場合

メガネ

老化現象です

遠くの景色はしっかりと見えるのに、近くの携帯電話の文字が歪んで見える場合は、老眼の可能性があります。老眼は、白髪のように加齢によって目の周辺の筋肉や水晶体の調整不良によって引き起こされます。このように老眼は老化現象のために、投薬治療や手術では改善しないので、眼鏡により視力を矯正します。老眼の症状は個人差がありますが、夜間に目が非常に見えにくい症状になります。そのため、医師からは裸眼で夜の運転を控えるように指示されます。老眼の症状を予防する方法として、目のストレッチが挙げられます。これは目の毛様体筋を鍛える事で、視力の低下を防ぎます。ストレッチの方法は、目を上下に移動します。目を頻繁に動かす事で筋肉を柔らかくして、そして血行を改善します。短時間でも効果があるため、毎日継続する事が大事です。目のストレッチの最中に、気になった事はメモを書くと、次回のモチベーションになります。さらに、老眼の症状を抑制する方法として、日常生活で運動を大切にする事が挙げられます。有酸素運動をする事で目に血液が循環するため、目の老化を予防します。また、老眼の症状は頭痛の原因となるため、この点でも普段からストレッチをする事が大事です。眼鏡ショップで老眼鏡を選ぶ場合は、ベテランの店員に相談をすると安心です。何種類かレンズを選んで、近くの文字がしっかりと読める眼鏡を選びましょう。またデザインも、自分好みの色を選ぶと長く愛用できます。

Copyright© 2018 老眼の症状に悩んだら【老眼の症状を予防する方法】 All Rights Reserved.